Odoo – HULFT 統合
このテクノロジーは付加価値、パフォーマンス、信頼性をもたらしております。 特に、OdooとリアルタイムAPI機能が対応できない他のシステムとの間でデータを交換することができました。

大企業にOdooを適用する時に、 HULFTとお目にかかりました。 このテクノロジーは付加価値、パフォーマンス、信頼性をもたらしております。 特に、OdooとリアルタイムAPI機能が対応できない他のシステムとの間でデータを交換することができました。

実際、 HULFT はAPIシステムではございません。しかし、Odooを中心に置くと、「ほぼリアルタイム」のデータ更新を効率的また高速にデータ交換が可能になります。

Port CitiesのCTOであるDenisGuillotは、有益な分析で、強力なマネージドファイル転送(MFT)ミドルウェアに関する詳細情報を提供しております。 他の標準ファイル転送プロトコル(SFTP)と比較して、HULFTについて詳しく見ていきましょう。

HULFTについて

HULFT 8は、大手企業が使用する次世代MFTミドルウェアです。大手企業から使用頂く大きな理由はミッションクリティカルなデータを確実、安全、効率的に送信ができるからです。HULFTは、ビジネスインフラストラクチャの基盤としてご使用できるほど強力なため、文字コード変換、さまざまなオペレーティング環境への接続、ファイルおよびコードシステムタイプの処理ができます。業界標準のTCP / IPプロトコルセキュリティを使用することにより、HULFTはデータをより高速に配信し、ネットワークに過度の負担をかけません。 

HULFTはUNIX, Linux、およびWindowsと互換性があります。また、Z/OS,MSP、VOSなどのメインフレームオペレーティングシステムも支援致します。HULFTは、i5/OSを実行している中規模システムでも機能致します。

HULFTをご使用頂くと、さまざまなビジネスアプリケーション間のシームレスなデータ統合が可能になります。 企業の異なる場所間、または外部組織とファイルを転送致します。HULFTは、マネージドファイル転送(MFT)の標準になってきております。

HULFT vs. 標準 (S)FTP

このセクションでは、SFTPとHULFTをご使用頂いた2つのシステム間の双方向ファイル交換を比較致します。.

                                              HULFTSFTP
                                              インスタンスごとにトリプルコンバインドソリューションを提供し、次のことを実現致します。
                                              ○    ライブの起点と宛先のボリュームの冗長性/フェイルオーバー ==> HULFTは、複数の場所にあるファイルをミラーリングし、クライアントのサーバーに障害が発生した場合でも、二国間での交換を保証することが可能です。
                                              ○    HULFTは、送信側または受信側のインスタンスの状態に応じて、発信元の障害または宛先の障害を検出し、キューを変更、延期、再開できる3層通信システムです。



                                              FTPは配信できません。




                                              標準のFTPでは、障害検出や適切な自動再開機能はございません。5秒ごとに大きくなるファイルのリストでは対応がさらにできません。

                                              HULFTはファイル転送を保証致しますが、FTPは保証を約束することしかできません。
                                              SFTPでは、2つのインスタンス内に2つのFTPサーバーと2つのFTPクライアントサービスをインストールする必要があります。 次に、2つの送信FTPクライアントと2つの受信FTPサーバーがオンラインで利用可能で機能していることを期待して、ファイルを両方向に「ブラインド」で送ります。
                                              HULFTは、異なるインスタンス間で転送されるファイルの「やること」リストを作成して実行することができます。
                                              SFTPでは、調整なしで4つの独立した個別のプロセスに依存しています...プッシュして、受信されることを「期待」することしかできません。
                                              HULFTは、受信側で完全なファイル整合性チェックと検証を提供できます。 これは、エラーのない転送です。 エラー、破損、またはセグメンテーションの場合、転送は再初期化され、適切に実行されるものとします。
                                              SFTPでも、すべてが成功することを願っております。 ファイルが正しいと仮定します。 5秒ごとに新しいファイルが生成されるため、色々な問題がでてきます。
                                              HULFTには、ファイル操作を非常に高速で実行できる高性能のファイル操作サービスがございます。ObjectiveFSと組み合わせて、POC中に、2つの異なるHULFTコンテナー間で1秒以内に20Kbの500CSVファイルのライブトランスポートをトリガーするように管理致しました。
                                              FTPを使用し、同じ条件で、同じDC内のローカル内部ネットワークを使用して頂くと、FTPサービスが標準の認証時間を必要とするため、20Kbの最初のファイルをプッシュするだけで3秒の遅延が必要です。認証後、FTPサーバーのバッファリングとスレッド化に応じて、1秒あたり1〜5個のファイルをプッシュすることができました。サードパーティのシステムからOdooにトランザクションCSVファイルを高速で交換することを決定したとき、SFTPは大きな負債にになりました。
                                              HULFTは、管理するファイルのリアルタイムの「転送中」圧縮を実行致します。 20kbのCSVの場合、HULFTサービスはPOC中にペイロードを1.64Kbに粉砕しました。 これは速度を説明するだけでなく、Odooから送信するファイルが大きくなり、数が増える場合にも非常に重要です。
                                              HULFTはこれをほぼ20倍に分割することに問題はありませんが、SFTPの問題は転送時間が非常に急速に増加し、データの迅速な更新が不可能になることを意味します。
                                              HULFTにはHULFTSCRIPTが付属しており、ファイルとファイルキューを送信前と受信後に操作、名前変更、移動、処理することができます。 これには、日付:時刻がスタンプされたファイル名の生成と、処理されたファイルのアーカイブへの再配置が含まれております。
                                              FTPテクノロジーでは、このファイルのライフサイクル処理は許可されておりません。これらのファイルを操作し、送信または受信して処理した後、邪魔にならないように移動するために、OSレベルまたはOdooレベルでさらにスクリプトを作成する必要があります。
                                              Odoo Crontabのスケジュールされたタスクには、1分の最小実行ギャップが`ございます。 これよりも速く処理する必要がある場合はどうなりますか?
                                              HULFTは、負荷に関係なく、すべてのファイル交換を管理致します。

                                              FTPでは、次の課題に取り組む必要がございます:
                                              ○    両端で許可されたユーザーを宣言。
                                              ○    許可される同時接続制限を決定。
                                              ○    接続タイムアウト制限を設定 (キューが1回の転送でスタックし、すべてが停止した場合 )○接続のタイムアウト制限が低すぎないことを常に確認...これを確認しないとファイルが多くなり、大きくなり、延長時間が必要になると、転送がカットされる。

                                              HULFTには、1ポートの多重化サービスをご利用したすぐにご使用できるセキュリティプロトコルが付属しています。
                                              一方、FTPとSFTPは基本的です。FTP / SFTPはハッカーとボットの最大の標的であるため、両側で二国間サーバーとクライアントの資格情報を管理し、セキュリティの側面にさらに注意を払う必要があります。

                                              HULFTで問題はございませんが、Odooの相互作用はどうですか?

                                              これが HULFT SCRIPT テクノロジーの登場です。 HULFT SCRIPT 、GUI開発および設定画面(Studio)で「スクリプト」と呼ばれる処理フローを作成するために使用されます。これにより、HULFTにリンクできるだけではなく、計算、変換、その他の処理をコーディングなしで実行できます。複雑なコーディングや仕様の分析に必要な詳細な知識は必要ありません。

                                              HULFT SCRIPT では、次の使用が可能:

                                              •  スクリプトトリガー:HULFTの転送ログファイルを監視し、ファイルIDなどが一定の条件を満たす場合に処理。

                                              • ファイルトリガー:監視対象のファイルが新規作成、更新、削除されたときに処理。

                                              • スケジューラトリガー:設定されたスケジュールに従って処理。

                                              そこから開始し、トリガーを直接使用したり、以下に関連付けたり、操作したりできます。

                                              •  Odooのスケジュールされたタスク。

                                              • ORMイベント。

                                              • ORM関数/ウィジェットからトリガーされたアクション。

                                              HULFT&HULFTSCRIPTの利点

                                              HULFTが企業の銀行、保険、小売業界向けのファイル転送および交換ソリューションの提供に成功したのには、理由がございます:

                                              • 信頼性

                                              • シンプルさ

                                              • セキュリティ

                                              • パフォーマンス

                                              標準のSFTPベースのソリューションは上記の4つの品質のどれも提供致しません。

                                              一方、HULFT SCRIPTをご使用頂くと、必要なすべての操作を自動化し、Odooエコシステム内に統合できます。

                                              アプリケーションの分野は非常に広くなり、Odooと前世代のトランザクションシステム間の「ほぼリアルタイム」のデータのインポート、エクスポート、および更新プロセスを自動化できます。前世代のトランザクションシステムはAPI機能を提供しておりませんが、絶え間ない通信を必要とします。

                                              お客様は大企業であり、Odooを大規模なデータ交換を必要とする他のシステムと接続するための支援が必要ですか? 私たちにメッセージを送ってください 、私たちのコンサルタントが支援致します。

                                              23 10月, 2020
                                              Author
                                              Odoo – HULFT 統合
                                              Denis Guillot
                                              Group Technical Director
                                              Denis is a technical expert with over 20 years of experience with ERP implementations. His specializations are in IT infrastructure, API integrations and high-volume transactions. He is the Director of Technology and oversees the Research & Development function at Port Cities.
                                              Share this post

                                              Odooを活用するビジネスを管理できるようにする方法の無料ヒントはいかがですか?

                                              最新ニュースを最新の状態でお届けするメールリストにご登録ください!

                                              サインイン to leave a comment
                                              Odoo API Solutions
                                              What to do when the standard Odoo API has reached its limit and database performance is hindered.